Mr. TANOSHITA's CROWN!

4Door Hard-Top 2.0 Royal Saloon
TWINCAM24 SUPER CHARGER

“TOYOTA 40th Anniversary Edition”
 

“Y30セドリック/グロリアの永遠のライバルに、、、
もう一台
新たなる好敵手、あらわる

kei1.comさんに続いて、もう一台の121クラウンオーナー氏を招致!

限定1,500台!トヨタ店全国設立 40周年記念特別仕様車

オーナー、たのしたさん

 

  

御大。貴方の12クラウン愛、ハンパぢゃナイっス!

たのしたさんの愛車 E-GS121クラウン ロイヤルサルーン
40周年記念特別仕様車

「12クラウンの完成されたプレスライン・ボディーと一体化したショートバンパー&フェイス
本当に大好きでたまらない」
最高の車だと思っている」

 

ココだけ詠ませていただいただけでも、その思いがビシッ!と伝わってくる

御大の12クラウン歴を簡単にお伝えすると、まづはお父様が新車で

S.61年7月にスーチャー・2U9パールツートン・針メーター・リップなしを購入

同年10月、近所に限定車が納車され
そのクルマの
リップと特別色が衝撃的であったとの事

 

「いつかあの車に乗りたい…」

 

そこからスーチャー限定車への想いが始まった

限定車は現在のモノが3台目・白スーチャ2台で計5台12クラウンに
乗って来られており、家族のクルマであった3リッター車含めたらのべ9台!
もうこの型しか考えられない模様

 

なお白スーチャー2台は共に全塗装(笑)

120クラウンだけでこの台数・・・頭が下がる思いでいっぱいだ!

それでは以下に、そのおクルマの詳細を紹介しちゃうぜぇ!

このおクルマの最大の魅力は何と言っても限定車1500台
魅惑のタマゴパール、コレに尽きるだろう!


我が社的にはビッグバンパー&フロントリップ・大型サイドガードモールで
武装したい気持ちにも駆られたりするのだが、 限定車であるこの個体に限っては
その様な事をしてはいけない個体なのだと
その様な考えすら憚られる、現存する大変貴重な限定車だ!

磨きの匠技を自身で身に着け、ひたすら仕上げたそのボディは御覧の通り!
輝き然としたボディは、
当時の新車以上のハイクオリティでテカテカが眩しい程
磨きの腕と技術、厳選して使用する器財。完成度とも非常に高い! 

さてオリジナルのロイヤルサルーンから「
40周年記念特別仕様車」の変更点
について、再度おさらいをしておこう


★40周年記念特別仕様車 特別装備★

専用フロントシート(ワンポイント&ネーム入り)
特別仕様 センターコンソールリッド(メイン表皮使用)
クッション&バックサイド部 メイン表皮使用

プログレシップパワーステアリング(特別チューン)
エレクトリックディスプレイメーター
オートドライブ
カラードウォッシャーノズル(044/ボデー上部共色)
カラードマットガード(
4E3/ボデー下部共色)
ブラウンカラードパーツ(フロントスポイラー・フロント・サイド&リアモール)
専用クリスタルピラー(ウォームグレーメタリック)
専用ツートンボディカラー 29D(下見切 044/4E3)
リアスタビライザー(特別チューン)
専用アルミホイール(ゴールド色差し)

 

 

 

普段目の届かぬところまで綺麗に仕上げるあたりは、流石の御大クオリティだ


LASREα 1G-GZEU Net160ps/6,000rpm 21.0kg-m/4,000rpm!
'80年代の銘エンジン1G-GEUに日本初のスーパーチャージャーを
ドッキング、トルクアップに貢献!

トヨタはこれら一連の新エンジンを「レーザー」
(LASRE:Light-weight Advanced Super Response Engine)」と総称した
高性能・低燃費。軽量コンパクト・高い応答性はもとより、優れた耐久性・低振動
低騒音・メンテナンスフリーを目指す、トヨタの姿勢を示していた

 

時同じく、対する日産は「プラズマ」にて展開していた事を思い出す
“PLASMA”とは

Powerful & Economic(高性能で経済的)
Lightweight(軽量で)
Accurate(精密)
Silent(静かで)
Mighty(力強い)
Advanced(先進的な) ENGINEの略

メーカー違えど、考えていた方向性が非常に近い事に興味が湧く

 

 

 

チカチカ、テラテラ!w

・・・なパールのリアビューには、輝くゴールドエンブレム

後期型ならではの、通称ブラックテール!
ハーフスモークのかかった、ちょいワルな印象は
同じく後期型Y30セド/グロとも相通づるモノがある

 

 

 

 

チカチカ、テラテラ!w

美しすぎて・・・アンコール!

 

 

 

洗車の後のアフターケアは、サビチェンジャー(転換剤)塗布によるサビ防止
パール王子・たのした御大の手厚いケアにkei1.comさんも感謝しきり

 

 

 

kei1.comさんのクラウンを皆で愛でた後は
IMPUL630Rさん御推奨カレー南蛮うどんが絶品のお蕎麦屋さん「大むら」にて
バックショットでツーショット!

 

 

 

参加の面々、磨きの匠・たのした御大のありがたい講義を拝聴する

 

 

 

SUPER CHARGERのゴールドメッキ・経年変化の状態について説明
オリヂナルのゴールドメッキの状態を如何に保つかを興味津々拝聴

 

 

 

kei1.comさんのおクルマ、御大の匠技で磨き出し中!

 

 

 

磨きの匠・たのした御大にかかれば御覧の通り!

クラウンに隠しグレード !?
トヨタクラウン ジャックニクラスバージョンw

 

 

ワンポイント&ネーム入り 専用フロントシート
特別仕様 シート同柄の
メイン表皮を使用した
センターコンソールリッドならびにクッション&バックサイド部

プログレシップパワーステアリング(特別チューン)
エレクトリックディスプレイメーター
オートドライブ

ベースはSパッケージ仕様と思われる

 

バンパー&サイドドアモールそれからフロントリップスポイラーも
通常のパールツートンとは異なる、専用のゴールドカラーが奢られる
そしてホイールの色差しにも、ゴールドカラーが使用されているのだ
11:3=B バカボンのパパな〜のだw

 

 

 

JAFマークは御自身で手直し・リペイントされているとの事
御大曰く「手塗なんでムラがあって・・・(^_^;ゞ」と謙遜をされていたが
コレがまたなかなかど〜して!七宝焼調に見えて、非常にイィ感じなのだ
御大のクラウン愛がヒシヒシと伝わる

 

(*^-')b-★ 御大、Good Job!

 

 

 

たのした御大。今後とも末永いお付き合いの程、よろしくお願い致します

 


 

《Link》

 

パール王子!たのした御大^^

 

オーナーが敬愛・溺愛してやまないw 121クラウン
男気あふれるオーナー・
パール王子!たのした御大のぶろぐは
RoyalSaloonゴールドエンブレム画像をクリックしてジャンプ!

 

Mr.TANOSHITA's CROWN
4Door Hardtop 2.0 Royal Saloon
TWINCAM24 SUPER CHARGER
“TOYOTA 40th Anniversary Edition”
Model E-GS121

 

 

 Top   Home