“Project Yokoban”

Part 3 <総集編>

 

|次

0

1 | 2 | 3  

 

 

<フロントガラス&モールA'ssy入替>に関する必要部品・今回交換したパーツ群

スクリュー&同受け部も必要数分おニューに更新!

・・・って結局ココにあるもん全部になっちまったぢゃねぇか!

 

 

2008年。兎に角ロクでもない事ばかり起こったと記憶に残る年
エアコンコンプレッサーから火を噴く寸前! をキッカケに
補修したはづのマフラー、2年経ってやはりと優香排気漏れ特有の怪しい音
よくよく調べてゆく新たな場所に虫食い・巣穴状に穴あき、そして車検のリミット間近!

次々とダメ出しの我が猛牛号!

 

エアコン一式修理は来シーズン持越すとしてマフラーは

オールステンレスの一品モン製作。一連の “ Project L” でクリア
フジツボ様サイドから御提案いただき、フロントパイプをワンオフで製作
勢い余ってマインズ GT-Rキャタライザーをマル秘加工施しブッ込み
結果 “ Project L” 大・大・大満足! (^_^)b

 

車検をクリアしたのは良かったが安堵も束の間、フロントガラスに飛び石(怒)
ガラス交換に備えて周辺部のクリーンアップをすれば見つかるサビ・・・
ダメ出しの上にトドメ、フザケンナ !!

 

 21ソアラのヨッチャンとはプチオフのたびに「いつか絶対、お願いしたいよね!」と

かねてから話題に出ていた “yokoban 横須賀板金” さん

懸案事項であったサイドシル部修理についての御相談もあって
まづはめ〜るを出してアプロ〜チ。そして訪問をさせていただき相談に乗ってもらった

「もぅ、ココしかない!」

 

5月初頭の夜勤明け、思いの丈を直めーるするだけではいても立ってもいられなくなって
横須賀ひとり旅。聖地 “ヨコバン” さんに行ってお話を伺って、そして感銘して帰ってきた!

HPを拝見して以来、かねてからの懸案事項、サイドシル部修理について御相談
場合によっちゃあその内部強化についても検討したが、蒲谷社長それから担当さん
(のちにyoshihisaさんである事がわかった!)からはサイドシル、

「(内部強化の為の)切開をするのはまだもったいない位綺麗だから

今回は【切貼り補修】して、次回に【補強】でも十分だと思うよ」とアドバイス
 

「うん〜、修復もなく綺麗な個体だ、しっかりしてぃる」
「きちんと手入れもやってる」

「これならまだまだだいじょうぶだぁ」
 

と社長直々にありがたすぎるお言葉をいただいてしまった (T-T)/ ・・・ (嬉)


日頃の地道な下回りクリーニングとそれから防錆剤
ノックスドール300&700、サイドシル部の散布・防錆処理を実施してきた甲斐が大ありであった!

社長自ら猛牛号を、腹を、舐める様に! Insp.していただき、ただひたすら
嬉し恥ずかしであった (/ε\) 

 
その後この一件をヨッチャンに報告して帰って来たまでは良かったが

最後にエアコンがブッ壊れというオマケ付き(爆) ホント、バカヤローなコンプレッサーだ! (`_´#)凸

 

 

Part 1 サイドシル・クォーターパネル板金修理に関して

納車以来の7年越しのサビを抱えた「鬱の種」 この部分の切貼り板金

当該部分の修理に関しては、メーカーから取り寄せるパーツは特になし・・・
というものの今後を考え、とあるモノを1台分取り寄せておいた

Y30、既に20数年前のクルマでもある事

「外販関連のパーツなんざ、すべてなくなってしまって製廃だろう」と思っていたので

あくまで確認の意味合いでいつもの日産プリンスの担当 TK氏に確認してもらったところ
なんと 「在庫あります」とありがたきお言葉!
現在のところ在庫は左右各1、これを逃してしまうと当然再販はあり得ないだろうと言われた

メーカーで左右各「残り1」! いつものお約束だな・・・

1ヶ月考えたが「取り寄せて下さい!」(爆) ^^
ただしそれに関しては、今回の修理で使用はしなかったので
最後にちょっとだけ述べる事にする

 

サビ除去・切除・切貼り・板金・シーリング&ペイント

凹みや一部捲れた左右両サイドシル下部の板金も併せて実施

「鬱の種」をイッキに叩き潰し、新車当時への「原点回帰」

  Part 1 にてコンプリート!

 

 

Part 2 ガラス交換に関して

以前に港北の大東株式会社 港北センター北店(以下大東さん)にガラス交換を依頼した
縁もあり、当初お願いする予定で7年ぶりに訪問させていただいた
日程の調整・一度現車確認もしていただき、改めて交換に伺うつもりだった・・・

交換を踏まえ、入替の為の下準備でモールを外しガラス周辺のクリーンアップ中
たまりに溜った21年分の汚れのクリーニングを実施中に、見てはいけないモノを発見、、、
フロントウインドモール コーナー下の、Aピラー両末端に(穴が開く程ではないものの)

発生しつつあったサビを発見してしまった!

 

サビを残したまま、そのままおニューのガラスを取り付けるのがどうにもゲセなく
自身の性格上絶対「あん時やっときゃ良かった」と後悔するのはウルトラ明らか!
この部分の板金修理はヨコバンさんにお願いするしかないと思った

 

大東さんにヨコバンさんに出張いただき、そこで脱着作業が出来ないかを打診してみた
港北と横須賀で距離がある為、大東さんと同業の湘南安全硝子さんを紹介いただく

湘南安全硝子さんは、ヨコバンさんとは普段より御取引があるとの事
ヨコバンさんにクルマを入庫させ、そこでガラスを外してサビ除去と板金作業
上記作業完了後、ガラスの装着とモールの入替

 

フロントガラス脱着は湘南安全硝子さんに

サビ除去・板金・ペイントをヨコバンさんに担当いただく

仕上げのモールA'ssy入替を再度湘南安全さんに・・・

この運びでゆく事にした。

 

フロントガラスは大東さんに内金を入れ取り置き依頼、再度訪問時に購入
後日ヨコバンさんに発送いただいた

必要パーツに関しては自身で日産プリンスへ発注・取寄せ

すべて揃い次第いよいよヨコバンさんへクルマと併せて持込みだ!

 

 

 

調査を進めるさなか、パーツリストの図面は100%正しくない事がある事が判明した
(ー_ー;) ヲィッ

72817, 72818は実はモールのコーナーピース部を示しているのだが

図が実物と異なりおかしい。

また72714は、ロアのL型は左右で2コ必要になるのは正しいが
Aピラー部の I型はミスプリント

 

 

 

図面に該当する部品番号、比較・見やすくする為、色を付けて対応

先に述べたが、図面が100%正しくない事もあり、細心の注意をしながら

慎重にパーツを注文する必要がある !!

 

 

  まづはパーツリスト片手に早速、部品集め! 大東さんに相談に向かった

 必要部品、大東さん経由の日産部販では ファスナーモール LH 1本だけ

製造廃止(以下製廃)で取得は不可との事! ガーン !!

これが本当なら、その部分のみ再使用しなくてはならなくなる

なるべくなら(左再使用 右新品で差が出るのは)この事態は避けたい。

 それが既出の、図面で72825M (LH) ← 廃止 ファスナー, モールディング LH と
書いてあるもの。だが、そんな事では諦めない。
コチラにはまだ強い味方がいる・・・
(  ̄ー+ ̄)b フッ

 

いつもお世話になっている日産プリンスKNG TKさんに、一連の経緯をお話して

必要部品のリストアップと在庫状況・金額と納期をうかがう

パーツの取得可否状況・在庫の有無。在庫のない場合は暫定納期がいつ頃になるか・・・等

TKさんルートで部品が揃えばこちらで揃えて持込みでお願いだ!
 

また大東さんのお話では、今後Y30の(上級グレードに標準装備の)ブロンズガラスは
メーカー(日産自動車)で在庫がなくなり次第、グリーンガラスに置き換えという事で
今後はオーダーがいくつか集まっても(いわゆるバックオーダー)、造らないという事を知らされた

飛び石等で比較的損傷を受けやすい部分であり、モノ・金額も大きいだけに

出来ればバックオーダー態勢は受けられる様にヒトツ何とかお願いしますよ、メーカーさん!

大東さんに在庫状況を調べてもらったところ、日産(部販)さんに
ブロンズガラス・上部グリーンのボカシ・NISSANマーク入り

(つまりは正規の純正品)が1枚だけありとの事

もちろんその場で取置き・発注をお願いしたのは、言うまでもないっ!


ガラス「最後の1枚」、確保〜 !! (^_^)v

(どうも「残り1」という言葉に弱い。。。)

 

 

FIG. H63-10 ウインドシールド <ボデー> ALL [8306−] より

必要部品すべてのリストアップ


  72613  ガラス, ウインドシールド (大東さんより購入・納品)
             72712-V5910  K.(SGL#+BRO+VIP)  8506-9511
  72616  ダムラバー, シーラント
             G2716-89901  ALL  8306-9511
  ◆72617K シーラント キット, ガラス
             G2891-89925  ALL  8306-9511

 

  72714  (名称わからづ) L字型のガラス下左右に付くゴム、ガラス左右側に付くゴム

                   ガラスの位置・高さを一定に保つ為の物

                  79714-Y7001 ¥110 X 2

 

  72810   モールディングセット, ウインドシールド (ウインドモール全周)
             72750-V5801 K 8306-  ¥29700 X 1セット  メーカー在庫お約束の「残り1」!
     72810: 72811(上)+72812(右)+72813(左)+
                        72814(下)+72817(右下)+72818(左下) つまりガラス周りモールぐるっと1周分と                 ◆72826, ◆72826M スペーサー ◆72778 フック, ワイパー 2コ含むセット

 

 ※72811  モールディング, ウインドシールド アッパー センター
              72752-V5801  K  8306-9511
 ※72812  モールディング, ウインドシールド サイド RH
              72762-V5800  K  8306-9511
 ※72813  モールディング, ウインドシールド サイド LH 
              72763-V5800  K  8306-9511

     ◆72814  モールディング, ウインドシールド ロア センター
              72772-V5000  ALL  8306-

 $72817  モールディング, ウインドシールド コーナー ロア RH
              72764-V5000  ALL  8306-9511
 $72818  モールディング, ウインドシールド コーナー ロア LH
              72765-V5000  ALL  8306-9511

 

  ◆72826  スペーサー, モールディング ファスナー 2コ
              72724-V5000  ¥270 X 2
  ◆72826  スペーサー, モールディング ファスナー 2コ
              72725-V5000  ¥270 X 2
  ◆72826  スペーサー, モールディング ファスナー 2コ
              72725-V5800  ¥210 X 2
  ◆72826  スペーサー, モールディング ファスナー 2コ
              72726-V5000  ¥210 X 2
  ◆72826  スペーサー, モールディング ファスナー 2コ
              72727-V5800  ¥210 X 2 (メーカー在庫なしで暫定 10/20入荷予定)
  ◆72826M スペーサー, モールディング ファスナー 6コ (アッパーセンター)
              72729-V5000  ¥130 X 6
 

  72825M ファスナー, モールディング RH
             72720-V5800  K  8306-9511  ¥1780 X 1
  72825M ファスナー, モールディング LH
             72721-V5800  K  8306-9511  ¥1780 X 1
  72825  ファスナー, モールディング (アッパーセンター)
             72730-V5800  K  8306-9511  ¥2610 X 1


 必要数のタッピングスクリュー&スクリュー受けについて
 ロア側センターのモール72814を留めるモノ、左右のモール下末端を留めるモノ

          スクリュー (LOWER COWL & LH, RH)
                    08540-51290 → 79827-R3000 に部番変更 8コ  ¥110 X 8
                    08540-41242 → 01281-00761 に部番変更 2コ  ¥110 X 2

  72811E スクリュー受け (LOWER COWL & LH, RH)
                LOWER   8コ
                 RH, LH     2コ

 ※ ウインド周りのモールディングはセット (72810) もあったが、ロア側センターを(◆72814)
      部品取り車から取ったものをストックしていたので、コレを使用する予定でいた。
      72811〜72818を単品で揃えた場合、必要数が上記から5アイテム、ココまででざっと3万円以上に
      なり割高になる上、スペーサー・ワイパーフックも付いてこない模様。

 $ 72817 & 72818は当初、パーツリストからでは役割がいまいち良くわからなかったが、後に
      モールのコーナーピース部分と判明した。よって、

 

    モールセット72810であれば上記5アイテムと◆72814(ロア側センターモール)、結果的に
   スペーサーと◆72778 フック, ワイパー 2コも付いて丁度3万位なので、セットを取り寄せる事とした。
     このセットに含まれないダムラバーシーラント ファスナーモール スクリュ−とスクリュ−受け
   その他を必要数併せて取り寄せ、すべての部品が揃う事となった!


 


一連の作業に関する作業依頼御相談め〜るをヨコバンさんへ出すとともに、
大東 小山様より紹介された(有)湘南安全硝子 佐藤常務様にも連絡をとっておいた

 在庫僅少であったファスナーモール、今後を考慮し2台分取寄せた。1セットは使用、残りは予備。

 予備を使って(型取り用として)経年変化で浮き上がってこない、反れない、曲がらない材質で
同様な物を造る事が出来ないかも検討してみる。そういったものが出来るのかどうか

正直まだわからないところだが・・・今後の研究課題としたい。かくして
 

7年越しの「鬱の種」との絶縁 サイドシル部分のサビ切除・切貼り板金

フロントガラス&モール脱着と入替を併せてクリア、ちゃら!って事で・・・

「職人社長どのが経営する例のお店」

年も迫った2008.12.5 いよいよ猛牛号、ドックイン!

“ Project Yokoban”  スタートした! (^_^)b

 

ちょっと細かい作業内容で恐縮ではあったが、今後の研究の意味合いも考え

ガラス以外の交換した部品、すべてお持ち帰りをしてきたのは、

言うまでもないっ! ( ´ー`)y-~~~

 

-------------------------------------------------------

さて今回実施してきたこの “Project Yokoban” は
他との比較を目的とするものではないが
潜在的に悩まれている方に少しでも参考になってもらえればと思い

今回特別に掲載させていただきむぁっす!

-------------------------------------------------------

 

 

「板金」という名のボディワーク、ボディに手を入れる事を行なうにあたり
自分で、自身の手で、自らが行なうか。それとも一切をプロの腕に委ねるか。

悩んだ事が一度位はきっとあるのではないだろうか・・・

 

その前者の「自ら行なう場合」について、ちょっと考えてみた
よほどの腕と技術(あ〜んど自信)それから溶接を行なう際に必要となる
ツールや設備が整っていれば話は別だが、大概の場合は

自身の手でボディに手を入れたりフェンダー加工を行ない、加工後に
パテやファイバーを使用する事によってかたちを成型、そして塗装・・・
といった方法になると思われる

 

ところでフェンダー加工やボディの成型に

このパテを大量に使うと何がいけないか・・・を考えてみるいい機会があった

それは長い目で見ると塗膜が痩せて割れが生じたり
またその部分に起因する塗装の浮きや剥離が発生したりする可能性が高くもなる
大袈裟に考え過ぎなのかもしれないが、もっと言えば路面の振動や衝撃を受ける事からくる
ボディの歪み・ねじれから折角成型したパテの部分がヒビ割れたり・・・
考えたくないが、ついそんな、余計な事まで考えてしまう。

 相棒への愛情が強ければなおさら。。。

 

パテを盛る事によるボディの成型は金属同士の溶接を必要とはしないし

日曜大工程度が出来る素人でも手軽に行なう事の出来る作業である

また、見方を変えれば確かに以後のサビに対する心配がないのは

ヒトツのメリットと取れるかもしれない、、、

 

だが、このサビの発生に関してはイィとして、
ではボディパネルとしての強度はどうなるだろうか?

メーカーにおいては鉄板同士を合わせる場合、スポット溶接を行うのが常

そこをパテやファイバー・接着剤で固めた場合、強度はどうなるのだろうか !?

スポット溶接の足元に及ぶのだろうか。恐らくウルトラ明らかに及ばないだろう

 

その為パテは、使用するなら可能な限り少量で済ますことが肝要・・・

これは、プロの見解もほぼ同一ではなかろうかと思われる

 

妥協の一切を排除したボディワークを求めるなら

こうなっては、我々板金に関する素人の小手先修理などではとても無理

餅は餅屋、ドライブインもちや!(w

いや、さらに厚盛りできるパテを使用して対処出来るかもしれない

そういう方法も考えられなくもない、、、

 

でも自分なら、そんな方法、やらない!

 

 

またまたお会いしましたな・・・Part 1を思い出して欲しい

素人がハンマー片手に手を加えて泥沼、、、ざんね〜〜〜ん!

パテを盛りたくったゴマカシ板金、、、斬りッ !!

 

その道のプロの前では自分の技量なんざ足元にも及ばず、たかが知れている事
またその事を十分理解している事。比較する事自体、失礼というもの

 

 そして勿論、Yokobanさんの様な確かなウデ・素晴らしい技術を知ってしまったから

パテを盛りたくった成型でなく、鉄板切貼りによってどの様にでもオーナーの願いを叶えてくれる

求めていたかたち、理想の形状を現実にして造ってくれる

その道のプロにお任せした方が確実であるから・・・

 

たかが板金、サビとの戦い・上手いお付き合いは

旧車乗りの永遠のテーマでもあると思ふ

 大事に、大切にしている愛車の為なら、可能な限りの最良の処置はしてやりたい

自分は、いつもそう思っている。

 

 

サビの発見以来、一連のサイドシル修理で感じた事

 

 

 

パテに頼りきった板金ではなく

組織の壊死した部分はバッサリ!

 

 

 

そして切貼り技術の確かなところであれば
安心して愛車を預けても心配はないだろう

 

 

 

そんな訳で自分なりに調べた範囲ではあるがボディワーク、ココにお任せすれば、まづ

まちがいない!

もちろん以下に挙げただけでなく、旧車・ビンテージカーをドンガラの状態から
仕上げられるショップならば、まづまちがいはないだろう!

 

かつてお世話になったトワリエ自動車の大元でもある

永遠ボディ http://www.towabody.jp/

 

主にトヨタ2000GTをはじめとするビンテージカーを得意とする

ビンテージカー ヨシノ http://www.vintage-yoshino.com/

 

ハコスカ・ケンメリGT-Rメイン、ショールームの雰囲気も好感触でGood !

クラシカ横濱 http://www.classica-y.jp/

 

GT-R Magazine誌でデモカーであるR32のフルレストア
カナザワボディリペア http://kanazawa-bodyrepair.jp/

 

我が兄弟 Mr.GTkaiのY31グロリア グランツーリスモSVkaiのボディレストア
“Project G” おなじみ

JUNオートワークス http://www.junauto.co.jp/

 

そして今回お世話になった、いまさら言うまでもない

Yokoban (有) 横須賀板金 http://www.yokoban.net

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

今回のProjectで大変お世話になった
HPの御紹介

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 (有) 横須賀板金 (yokoban)

〒238-0023 神奈川県横須賀市森崎1-14-12
TEL 046-836-6760  FAX  046-834-6727
営業時間8:30〜17:30 ・ 定休日:日曜・祝日・第二土曜
...............................................
ヨコバン公式HP 【自動車修理 on Web】
 
http://www.yokoban.net

 HP内リンク 【自動車修理スペシャルサイト】
 
http://www.yoshihisa-style.com
...............................................
燃費改善!エンジンを復活させるビルシュタイン・エンジンクリーニング施工店
詳しくはこちら → 
http://www.yokoban.net/engine-clean.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(有) 湘南安全硝子

http://www.shonansg.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大東株式会社 港北センター店

http://www.daito-glass.co.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

 

さてその、YokobanさんHP内で
今後の為にちょっと気になるコンテンツを御紹介!

R32系ボディの弱点を強化  強烈なスポット溶接をレーシング

カー並に施し剛性をUP  長く乗るためにどう修理すべきか?

付録: 「御料車」 「R32GT-Rを愛し続ける友へ」 

 

 

大破した「34GT-R」を板金修理する決断をしたオーナー。

潔く爽やかなオーナーではあるが求める修理レベルは高い。

オーナーの期待に過去最高の修理技術で応えようとするが・・・

 

 

 中でも特に気になった

「サイドシル強化システム」

是非ともやってみたくなったのはあっし σ(^_^; だけではないはづ!

 

「男らしくあるために」 では、

オーナー氏の潔さ、それからその愛車の腹下に! (; ̄◇ ̄) !!
我が猛牛号にも取り入れたMine'sさんの「つぼちん」で、バッチリチューンされてます!

 

今実家の納屋には な・ぜ・か !?

メーカーで左右各「残り1」と言われたハードトップ用アウターサイドシルが !!

イィお値段ではあったがどうも

「残り1」

という言葉に弱い σ(^_^; であった (w

 我が猛牛号にも、いつかは・・・ (  ̄ー+ ̄)b ニヤリ

 

 

 

 今回お世話になった皆々様に感謝しつつ

“Project Yokoban”
ひとまづこれにて、〆としたい

  ( ´ー`)y-~~~

 

G.T. 〜 Great Thanks !!

 

日産プリンスKNG Mr.TK

大東株式会社 港北センター店

(有) 湘南安全硝子

Yokoban (有) 横須賀板金

 

 

〜 Fin 〜

 

 

“Project Yokoban”
  
Part 3

 ページ上段|次

 0

1 | 2 | 3

 

Home Page Top