“Project Yokoban”

Part 1
右リアサイドシル・クォーターパネル サビ切除・切貼り

左右サイドシル板金&ペイント修理
 

  

0

1 | 2 | 3  

 

本編ではサイドシル・クォーターパネル切貼り修理と
左右両サイドステップ部の凹み・擦り傷と塗装割れの板金修理編
同じ様な場所はイッキにクリアさせていただくぜ!

 

 

( ; ̄◇ ̄ ) !!
 

Yokoban HPを開けて、いきなり度肝を抜かれたこの写真

そう、このお方こそ “Mr. Yokoban” こと、職人蒲谷社長の作業風景!

なにやら外出直前の模様と。HPライターのyoshihisa氏曰くこれ

「ヤラセでもなんでもなく、こういうスタイルのときが本当にある」との事
社長、折角のシャツに穴が開いたり、カシミアのセーターが縮れちゃいますぅ〜!
溶接? 切断 ?? 自分だったら遮光面とか付けないとおっかなくて絶対に出来やしない
見ている方が怖いヨ〜。けれど、けれども、こういうところだからこそ

すべてを安心してお任せ出来る、そんな気がする

  

 

 

 

修理に至るまで、幾度となく直々の御訪問とめ〜るの交換
2008.12.5 意を決して “Yokoban” 横須賀板金さんへ ドックイン!
訪問回数重ねる中でまかせて安心、クロネコヤマト!

のマツゲンサンバのバカボンパパ!

 

11:3ミB ← この方向から覗いてみ^^  

・・・ほれ、バカボンのパパなぁのだ♪

 

間違いないの長井ひでかづと確信出来た
“Yokoban”さん。腕と技術、とくと拝見させていただきます!

社長・yoshihisa様。スタッフの皆様・おね〜たま。よろしく頼みましたぞ〜 !!
( ´ー`)y-~~~

 

  

 

 購入以来7年来のお付き合いだった 「鬱の種」

ガン再発後も前述の<序章編>で述べた、自らペイント処理で対応してはみたが・・・
持ってもやはり1年そこそこ
嫌気がさしてその後は放置プレィした結果、塗膜の下でサビは進行。

 

組織の壊死した部分は今回こそ
バッサリ斬らせていただきますから・・・ざんね〜〜〜ん !!

 

 

パテの厚盛りに頼ってゴマカシ板金するヤツも・・・切腹ッ !!

Part 3 にてお会いしましょー!

 

当該部分の切除と併せて、左右両サイドシル下部の凹み・擦り傷と塗装割れ
耳の曲がり・歪み・波打ちとめくれも修理した。以下現状・・・


 

 

右後サイドシル下 凹み・擦り傷と塗装割れ

半丸の切欠部分はジャッキアップポイント

日産車はジャッキアップ時ココに、パンタジャッキを当てる

 σ(^_^; は車体が歪み捩れるのが何かゲセないので緊急時以外は
フロアジャッキを使用する事にしている

 

 

 

 左後サイドシル下 擦り傷と塗装割れ。

ジャッキアップポイント付近 耳の曲がり・歪み・波打ち

 自身でヒットさせた記憶にないのだが、どうやったらこんなとこぶつけんだぁ?

 

 

 

 左前ジャッキアップポイント 耳の曲がり・歪み・波打ちとめくれ

 “NISMO 300G”はNISSANロゴがゴールド

違いに気付いたkoutakuさん、貴方は違いのわかるオトコです!^^

 

 

 

いよいよ執刀の時

この部分は蒲谷社長直々に御執刀いただいた

 

 

 

 波田陽区の予告どおり
悪いところは元から絶たなきゃ

ハイッ、ダメぇ〜〜〜〜〜 !! (×_×:)

 予告どおりバッサリ斬らせていただきやした!

 

 

 

今回のドックインで一番の見せどころ !!

切った部分と同形状の鉄板をあてがい、スポット溶接

クォーターパネルとサイドシルの2枚重なった部分であり困難も予想されたが、
蒲谷社長の腕にかかれば御覧のとーり!
神に出来ないモノは、ない!のだろう・・・きっと ^^


社長、「板金の神様」 と呼ばせて下さい !!

 

 

 

組織の壊死した部分の完全除去と鉄板切貼りも無事クリア
サフェーサーが入れられた
パネル合わせ目のシーリングも新車時同様に。もうヒトツの見せどころだ!
素人がやったら一筆書きの様にはならづ、まづデコボコになるだろう

この時点でも仕上がりを想像すると嬉しくなる

 

 

 

 サイドシル部も板金・修正、サフが入れられた

右前方より後方

 

 

 

切貼り実施した部分の右リヤサイドシル下

板金・修正、サフが入れられたところ

 

 

 

同様にしてペイントまで入れられた
左前方より後方

 

 

 

 


 

待ちに待った、遂にドックアウト!

この仕上がり、見てやって下さいよ !!  (^_^)b

 

 

 

 

 

 

ペイントの境目、わかるかな !? わかンねぇ〜だろうナ !!

それ位素晴らしい仕上がりに感謝! (^人^) !!

画像提供 thanks to バス屋GT

 

 

 

クォーターパネルとサイドシルの合わせ目

組織の壊死した部分は神の腕によって切貼りされ
無事「鬱の種」もクリアとなった!

 

 

 

サイドシル 右後から前方

 

 

 

サイドシル 左後から前方

 

 

 

 

組織の壊死した部分は切除され
完璧に復元されている

 

 

 

放置プレィを続け、壊死した部分がさらに広がってゆく事を考えたら・・・

ガクガクブルブル ((((((((((;゜Д゜))))))))))

 

 

 

 

 

ドアストライカ4コ交換&建付調整も併せてお願いした

軽い力で閉まるドアは感動モンだ! このあたり、社長のコダワリと見た


 

 

 美しいのでもう1回! 後方より

 

 

 

組織の壊死した部分
ミルフィーユのごとく層状に崩れてボロボロ!
嬉しくないがオブジェとして残しておこう

 

 「鬱の種」は無事克服
併せて実施したフロントガラス脱着・入替

サビ除去・板金編へと続く・・・

 

 

“Project Yokoban”

Part 1
  ページ上段

0

1 | 2 | 3  

 

Home Page Top