“Project R & B

NISMO 300G Hi-Performance Brake System!

Y30GLORIA Rdd brembo
F36
0モデナ リアブレーキキャリパーキット

“R & B” is not Rhythm & Blues, Response & Balance, but

Rdd & Brembo!

 

Part 15

 

 《フロント F50キャリパー編》

123 | 4 | 5

6 | 7 | 8 | 9 | 10

 

 《リア F360モデナキャリパー編》 

11 | 12 | 13 | 14 | 15

16 | 17 | 18 | 19 | 2

 

 

 

2013.9.7 リアRdd brembo F360モデナキャリパー!

装着準備編 LH2回目

 

 

 

いよいよ難関のバックプレート立ち上がり部分のカットに着手
カットするラインを如何にして付けてゆくか

試行錯誤をしたが・・・良い方法を発見!
コレ本来は円形カッターなのだが、うまく使えば2点間を一定にして
描いてゆける事が判り、早速活用した

 

 

 

青丸の黒軸部分バックプレートに当てがっている部分は都合良く平らになっており
この状態でバックプレートに押し当てながら引いてゆく事で

赤丸部分のカッターの刃によって、カットすべき部分を描いてゆける

 

 

 

いざ、テスキーを大いに活用して、立ち上がり部分のカット!

1回でカット出来る範囲,泙農擇蠖覆瓩晋
△話婆矛曽がクランク状でテスキーが使えない為、グラインダーでジャイーンとカット!

 

 

 

テスキーでカット、グラインダーでジャイーンとカット!

 

 

この繰り返し、8回程

立ち上がりのカット、やっと半分到達した

 

 

 

立ち上がりのカット、やっと半分到達した

 

 

 

テスキーを使っていて判った事
刃の先端、完全に握って烏口が閉じるまでパチッとカットしてしまうと
バックプレートは刃の先端部においてカット方向と垂直に少し裂けてしまう事が判った
よって先端から数mm手前で寸止めして垂直方向をグラインダーでジャイーン!
この繰り返しを行なった

 

 

 

立ち上がり部分のカットも完了

ブラケットを正規ポジションで組んでみた

 

 

 

ローターの大きさ、その差一目瞭然!

バックプレート面からのフチ部分、立ち上がりの高さは当初7.5mmを予定したが・・・

 

 

 

いざローターを組んでみたところバックプレート、ローター裏面と干渉
よって立ち上がり高さを7.5mm→5mmまで落とし込んだ

バックプレートの立ち上がりを敢えてわづかに残したのは
プレート断面をL字形状にして強度を確保し
、ペラペラの1枚モンにしない為

 

 

 

ニヤニヤが止まらないぜぇ!

 

 

 

ニヤニヤ ニヤニヤ (^皿^;

 

 

 

正面より
Rdd 343φ 2ピースローター t=28mm

 

 

 

装着イメージ
早く試したい思いを抑えていた

 

 

 

ニヤニヤ ニヤニヤ (^皿^;

 

 

 

またノーマルに戻すのが億劫だぜぇ!

 

 

 

まっ、辺りも暗くなってきたんで・・・

 

 

 

名残惜しいがローター・キャリパーを元通り復旧

 

 

 

キリの良い所で、、、

カタヅケバック!

作業はひとまづ本日はココまで! お次はRHバックプレートのカットだぜぇ!

 

 Project R & B

Back | TopNext

 

  《フロント F50キャリパー編》

 1 | 234 | 5

 6 | 7 | 8 | 9 | 10

 

 《リア F360モデナキャリパー編》

11 | 12 | 13 | 14 | 15

16 | 17 | 18 | 19 | 2

 

Home