“Project R & B

NISMO 300G Hi-Performance Brake System!

Y30GLORIA Rdd brembo
F36
0モデナ リアブレーキキャリパーキット

“R & B” is not Rhythm & Blues, Response & Balance, but

Rdd & Brembo!

 

Part 13

 

 《フロント F50キャリパー編》

123 | 4 | 5

6 | 7 | 8 | 9 | 10

 

 《リア F360モデナキャリパー編》 

11 | 12 | 13 | 14 | 15

16 | 17 | 18 | 19 | 2

 

 

 

2013.8.31 リアRdd brembo F360モデナキャリパー!

装着準備編 LH

 

 

純正266φ→Rdd 343φへの、リアブレーキに大径ローターを投入する上で
加工を要するのがバックプレート

バックプレート、Y30の場合はホーシングに複数ヵ所、溶接で付いている

この溶接をドリルで揉んでプレートを丸ごと外すか
装着に支障となる、手前に立ち上がる部分のみをカットするか・・・

十分に検討を重ねた上で、加工に入る事にした

 

 

 

JI-Joe御師匠と打ち合わせさせてもらった際
ブラケット装着に支障となる部分を装着前までに若干カットをして

来る様に指示を受ける
,御師匠に大まかの目安で印を付けていただいたもの

△実際にブラケットを当て、必要最小限カットする部分を描いたもの

 

 

 

バックプレート下部も同様に「へ」の字の目安を付ける

 

 

 

再度ブラケットを当てがい、確認

(実際の装着はRddの刻印がデフ寄り側)

 

 

 

正面より確認

 

 

 

再度、正面より確認

 

 

 

バックプレート加工に際し、リューター以外にも新たに投入したココロ強いツール
超強力金切りバサミ 「テスキー」 by 三菱マテリアル(写真左)

テスキーは素材の厚さや材質によって数種あるが、この「テスキーU」は
その中でも最強のモノ

 

 

テスキーの刃が入れられない部分のカットは、リューターを使用
その逆の状況もありテスキー&リューター、両者をうまく使い分ける

 

 

 

リューターにてカット

 

 

 

残り半分はテスキーを使用

 

 

 

バックプレートをうまくかわし、ブラケットがハマった

 

 

 

後方より確認

 

 

 

絶妙なクリアランスで装着!

 

 

 

正面より全体イメージの確認

 

 

 

上部確認

 

 

 

下部確認

 

 

 

次に、ブラケットを正規の向きで取付ける際、赤丸の部分が干渉する為
ココを削って取り除く

 

 

 

御覧の様なかなりの厚さの為、リューターではちょっと無理
ディスクグラインダーをジャイーンと当てつつ、作業進行

 

 

 

干渉部分を取り除く

 

 

 

上下全体像

 

 

 

正面より

 

 

 

外も暗くなって来たので、キリの良い所まで作業を進める

 

 

 

上下グラインダーで、ジャイーンと完了!

 

 

 

 

 

 

 

本日はココまで! お次はRHだぜぇ!

 

 Project R & B

Back | TopNext

 

   《フロント F50キャリパー編》
 1 | 234 | 5

 6 | 7 | 8 | 9 | 10

 《リア F360モデナキャリパー編》

11 | 12 | 13 | 14 | 15

16 | 17 | 18 | 19 | 2

 

Home