“Project AT”

Automatic Transmission & Converter Change!

オートマチック トランスミッション・コンバーター交換

 2012.3.28 4.2

 

Part 3

【編集後記】

 

1 | 2 | 3

 

 

 

 

Y30乗りの間での「通説」・・・

ATミッションのトラブルはまづ最初に
「R;リバースが効かなくなる」 「バックが出来なくなる」

というのがあり、以前から聞いたりもしていたが
今回我が社の場合はちょっと違った様だ

 

以前よりD2→D3 シフトアップ時の、瞬滑りの発生は気になりながら
現在まで来たのだが、同型車・同グレードにお乗りであるシムケンさんに
この件を伺ってみたところ、やはり同じ症状が出ているとの事

但しコレは、通常よりやや強めにアクセルを踏み込み D2→D3 シフトアップの
タイミングを2500rpm以上で行なうと、滑りなくシフトアップする

今回の交換実施前までは、このミッション特有のモノかとも思ったりしていた。。。
 

実際には100,000km~150,000km走行の間で、どうもこの症状が出てくる様だ 

 

この件以上に「いよいよ寿命」と感じる様になったのが↓

 

ATFの汚れ具合がいつもより進んでいた事

通常汚れが進んできても赤紫色に見えていたのものが、こげ茶色に近い状態
鉄粉・スラッジがかなり多めに出ている状態と推察 

そして

220,000km越えたあたりからオーバードライブの4速(D4)に入らなくなった事!

ミッション調達から修理着手まで約4ヶ月かかったがそれまでは「3速AT」 !!

高速走行と燃費がいかんせん辛くしんどい状態を、耐え過ごして来た

 

 

大概のメーカーに於いてATミッションの保証は10年・100,000kmと
いったところなのだろうが、100,000kmなんて案外すぐに走破してしまうもの。
その度に載せ替えを行なっていたのではたまったもんぢゃあない!

 

そんな訳で車両購入当初から、延命措置を行なってゆく事として
ATF管理は走行距離20,000km毎に行ない
そしてマイクロロンatを併用してきた

 

ATF交換を定期的に行なってきた事が功を奏したか効果的だったか
メーカー保証の約2倍強! 走行距離を持たせる事が出来た。

もう一度おさらいとして・・・

 

 

【使用してきたATミッション】

 

1987.2月(新車時)より2012.3月まで丸25年、ODO 227,146km
2001.5月 走行ODO 65,000km時に車両購入後
70,000km時より2万km走行毎にATF7~8L 圧送交換

うち2回に1回を、ラジエターへのクーリングライン含めたクリーニング
AT内部完全洗浄」 ATF16L 圧送交換

  

【車両購入後 ATF交換記録】

 

実施日

ODO (km) 

ATF 

 Remarks

 ① 2001.9.10

70,011

TRUST Super Grade DEXRON TYPE-Ⅲ 

圧送交換
7~8L

 ② 2002.9.5 

90,111.5

同上

圧送交換
7~8L 

 ③ 2004.9.12

110,012

同上

圧送交換
7~8L

 ④ 2005.11.29 

130,177

Be-Up Full Syncetic DEXRON TYPE-Ⅲ 

AT内部完全洗浄
16L

 ⑤ 2006.10.10

149,601

同上

圧送交換
7~8L

 ⑥ 2008.3.3

170,877

同上

AT内部完全洗浄
16L

 ⑦ 2009.6.3 

191,021

同上

圧送交換
7~8L

 ⑧ 2010.10.06

210,469

同上

AT内部完全洗浄
16L

 

 

 

オートウェーブ AT内部完全洗浄    AT内部完全洗浄】 とは・・・
オートウェーブが推奨する
AT内部完全洗浄】

 

 ATFの交換は従来まで圧送交換を実施してきたが 「AT内部完全洗浄」 を知ってからは、こちらも交換メニューに加える事にした!

 

 オートウェーブが展開している「エンジン内部完全洗浄」の、ATミッション版といったところだろうか。手順としては

 

     ① 専用機材の接続・交換準備
     ② 洗浄液を注入し、圧送式でATFを交換

     ③ 機材にセットされたフィルターで汚れを濾過・除去

     ④ ラジエター内部のATFクーラーラインの洗浄

     ⑤ 圧送式でATFを交換

     ⑥ フィルターで汚れを濾過・除去

     ⑦ ATFを規定量に合わせる

 

 本来ならばATF交換毎に実施!と行きたいところではあるが、交換量が2倍かかるのと金額の関係もあり、こちらはATF交換2回に1回の割合で実施

 

 エンジンオイル交換は定期的に行なっているものの、ATF・デフオイル交換に関して定期的に行なっている車両はどちらかと言えば少数派になるのかもしれないが、興味が湧いた方には以下、写真でその一連の流れを紹介したい。

 

 

 

 

コレが  AT内部完全洗浄】  詳細!

 

AT内部完全洗浄 詳細

 

AT内部完全洗浄

 

 

 AT内部完全洗浄 概要

 

従来なかったAT洗浄
概要と作業時間・工賃

 

 

「圧送交換」に「AT内部完全洗浄」併用。これらの方法が
必づしもATミッション延命措置としてベストであるいう訳ではないのかもしれない
もっと良い延命方法があるのかもしれない・・・
ただ、現在知り得る良好・有効な方法のヒトツであると考えてはいるので
今後も継続して続けて行きたい

  

 

ミッション載せ替えにあたり、どの様に進めてゆくかは、事前に良く検討を行なってきた  

ATミッション載せ替えのミッション(使命)にあたりw いつもの主治医
プリンスTKさん
それから強化AT製作のプロフェッショナルと言ったらココ!
シュヴェーレンさん

 

そ・し・て、、、

 

y o s h i h i s a   style 主宰 BJヨシヒサ兄貴と愛娘 ノアール号 (*´ー`)y-~~~

 

忘れちゃいけねぇ
我が猛牛号のボディワークはもとより、恋の悩みから人生相談
はたまたブラジャーからミサイルの調達までw

(言ってみりゃまるで「特攻野郎Aチーム」のフェイスマンってぇとこだなww)

真摯に相談にノッテくれる、頼れる兄貴

BJ y o s h i h i s a 氏
(あ~んど愛娘 ノアール号^^)

(*´ー`)y-~~~

 

My カーライフに於いて欠かせない御師匠・御三方に御相談・御意見を頂戴した

相談内容は以下

 

ATミッション&コンバーター 一式
発注から載せ替えまでを、お願いした場合の諸費用

 メーカー(日産)でE4N71Bを、新品取れるのであれば検討。取れないと思われるのでリビルト

リビルトミッションでも、メーカー純正リビルト「日産グリーンパーツ」を使うか

社外リビルトを使うか・・・
或いは、現在使用しているミッションを外し、バラシて、リビルト製作依頼
載せ替えついでに「強化AT」もやってみたい・・・etc

 

いづれも共通した回答では

● E4N71B新品。価格は部品のみで30万オーバー! しかしながら製廃の為、取得は不可

● 現在付いているミッションを取り外してオーバーホール。その後リビルトを実施する場合
  これは新品価格並もしくはそれ以上。一番時間がかかる上、金額も考えると非現実的 

 

・・・と言う事で、この2ツの作戦はボツ

 

現実的に考え、純正リビルト or 社外リビルトのミッションを使用の方向で検討

このリビルトの内、社外リビルト品を使うならば純正よりも約3~5万程安くなり、出来るとの事

しか~しその「社外リビルト品」の中には、使ったところですぐに壊れてダメになる
「粗悪品」もあるという事を聞かされた

またそれはかつて、粗悪オルタネータ「クソッタレオルタ」交換の際に
存分苦い経験もして来ているのでw
今回は勿論

 

3~5万ごときケチる程ヤボぢゃあないのは言うまでもないっ!

 

 と言う訳でまづは
純正リビルト品「日産グリーンパーツ」を使い、交換を進める事にした

 

  「強化AT」に関してはシュヴェーレンさんに、可能であれば考えてみたい事を伝え
E4N71Bで実施する事は可能なのか、否かを伺ってみた。回答は以下

 

(既出だが)E4N71Bの新品は無いので、リビルトのみ。

また現在、E4N71Bのリビルトを行っておらづ、外注作業になるとの事

外注リビルトになる為、一般整備工場と同じものしか出来ないとの回答。

 

因みにY30のAT・E4N71Bについては、ライン油圧を上げるだけでシフトポイントが
高回転側に移動してしまう事から、バルブボディーチューンは不可との事

もしこの先パワーを上げる予定があるなら、500ps程度迄ならRE4R01Aに
それ以上ならばRE4R03Aに載せかえるのが確実との事

 

 迅速に御回答をいただいてしまったので、こちらも迅速にお礼とお返事を返信

 今後もしパワーを上げる予定があり、500ps程度まででRE4R01A、それ以上でRE4R03Aの

いづれかに載せ替える場合、今現在付いているATコンピューターでなく01Aないし03Aに
対応したコンピューターに交換する必要が出て来るか、否か
仮に不要とし、ATコンピューターを現在のまま使用した場合、シフトアップ・ダウンならびに
パワーシフトON・OFFに影響等が出るかどうか。

 

RE4R01A、03Aが必要になる時は、エンジン制御も含めてY31系ならびにこれ以降のシーマ等
いや、もっと究極を言えばZ32(VG30DETT)のシステムをそっくり移植してくるのが
どうやら手っ取り早い模様

そうすれば現在のシステムとは違い、電子制御でライン圧コントロール
ならびにシフトコントロールをするので、パワーシフトも、そしてエコノミーシフトも、
より制御がきめ細かくなるとの事

 

但し、この作業はエンジンチューンする時に、エンジンそしてATと
同時に作業しないととても大変であるとの事。。。

 

 ノーマルでモノ足りない部分はより高性能なモノにチューニングしたいのは山々なのだが

ココはちょっと手を付けたくない部分。オリヂナリティを尊重したい部分だ
仮に同じVIPをもう1台所持出来るというなら是非とも! マニュアル載せ替えでなく
あくまで「Z32のRE4R03Aを使った強化AT」でやってみたいものだ!

  

 

そんな中いよいよ4速(D4)に入らづ、3速ATが常態化しつつあった2011.12月

遂にATミッション&コンバーターの発注をかけた!

 

 一昔前なら20万円前後で出来たATミッション交換が2012年現在では約30万円!
値段を聞いて卒倒しそうになりつつ、10年乗ってその都度新車購入するのと
比較をすれば安いってもん! まぁかかる値段なんか関係ないんだけどね・・・

 

「意地でも直す」つもりだったんで (^_^;ゞ

 

 

 【ATミッション&コンバーター交換費用一覧】

 

作業内容および
使用部品名称

作業区分

技術料

部品

数量

金額

オートマチック トランス
(ミッション・アクスル) ASSY

交換

61,005

 

 

トランスミッション ASSY AT
C1025-X8180

部品

 

1

112,350

トルク コンバーター ASSY

交換

 4,725

 

 

コンバーター ASSY トルク
31100-X8171

部品

 

1

102,585

マチックフルード D
ATM01

部品

 

10 (L)

 10,500

技術料値引

 

-6,573

 

 

部品値引

 

 

 

-11,272

 

 

 

 

 

 

技術料計

59,157

部品代計

214,163

 

 

 

 

 

 

 

 

整備料合計

273,320

 

 

 

TAX 5.0%

 13,015

 

 

 

 

 

 

 

 

請求金額

合計

¥273,320  

 

部品発注から修理着手まで約4ヶ月かかったのは、ATミッションに関しては

早い段階で押さえる事が出来たものの、問題はコンバーターの方

メーカーでまだ新規製作が可能と言われ、発注したのは良かったのだが

出来上がって来たコンバーター、最終の完成検査で撥ねられNG2回!
製作3コ目にしてようやっと合格した。このコンバーター製作・完成待ちに多くの時間を費やした

 

幾多の紆余曲折耐えに耐え4/2 ミッション(使命)すべて、コンプリート!

1987.2月(新車時)より2012.3月まで丸25年 走行ODO 227,146km

 

ほんまにもー 596-de, R !!

 

 

 

 

外したATミッションに取り付けられた、不具合チェックシート

この後分解清掃・整備されリビルト
グリーンパーツATミッション
E4N71Bとして新たな生を享け、次期Y30オーナーの元へ

 

 

ゴクローであ~る by Nao Matsushita (*^-')b-☆

 

 やっぱカノジョならココでCMの様に

596-de, R !!

 

「ゴクローでアール!」

 

って労いの言葉を言ってみたりするのだろうか・・・w

(*´ー`)y-~~~

 

 

 

2012.4.2 ミッション(使命)すべて、コンプリート!

無事引き取ってきた。走行ODO 227,152km

 


新しいATミッションの慣らし・走行テストを行ないつつ
帰路につきながら不具合部分のチェック

 

● D3→D4 ダメだった、オーバードライブ(D4)に入らない件
● D2→D3 シフトアップ時、
瞬滑り発生の件        

 

 すべての問題はクリアされ大変快適、気分上々↑↑であった!

  今回載せ替えたATミッションは、可能ならば今から250,000kmオーバー!
延命措置を維持しつつ、次回ODOで500,000km! そこまで持たせたいものだ

 

 

 

さぁて、お次のプロジェクトはコチラの御嬢に友情出演お願いしちゃおっかなと

 

 

・・・と言う訳で


 

Project “AT”

ひとまづこれにて、〆としたい

 

 

次は目指せ、500,000km!

 

 (*´ー`)y-~~~

 


 

G.T. ~ Great Thanks !!

 

 

Automatic Transmission & Converter Change

日産プリンスKNG

Mr. PRINCE TK

& All Staff


 

「強化AT」 Technical Adviser

Schwören

Mr. Sg

「ワイルドだぜぇ!」


 AT内部完全洗浄

A.Wave
Dr. W
Ayako-jo
 

 


 ATF圧送交換
TRUST ATF Supplyer

Crystal JPN

 

 

Microlon at, included XA and 90 Supplyer

Mr. 桃次郎

 

 

 ATchange Technical Adviser
NISMO 300G Bodywork and ,,,
恋の悩み~人生相談w

y o s h i h i s a  style
“B
J” y o s h i h i s a

  

 


 

 

~ Fin ~

 

 

 

“Project AT”

Back | Top

1 | 2 | 3

Home